Biddulph Hall Gardens Wholesale

歴 史 的 庭園

歴 史 的 庭園 (れ き し て き て い え ん) が 1982 歴 史 的 庭園 保護 憲章 (フ ィ レ ン ツ ェ 憲章)[1][2]で 定義 さ れ て い る と お り は 歴 史 的 な 建 物 や 植物 の あ る 庭園 ・ 芸 術 的 観 点 か ら 公衆 の 関心 を 引 く 庭園 で あ る。

最 も 有名 な 歴 史 的 造 園 修復 家 の 一 人 、 ラ ン ス ロ ッ ト 「ケ イ パ パ ビ リ テ ィ」 ブ ラ ウ ウ ン (1716 - 1783)。

日本 で は 大 正 11 年 に 庭園 を 文化 的 資産 と し て 指定 し 保護 す る 法律 上 の 措置 で あ る 史蹟 名勝 天然 紀念物 保存 法 に よ り 名勝 の 指定 が 始 ま り, 以来 か な り の 歴 史 を 有 し て 庭園 を 名勝 と し て 保護 す る取 組 を 行 い 、 近 現代 に お け る 日本 庭園 史 の 調査 研究 に も 一定 の 指標 を 与 与 え 、 大 き な 影響 影響 を 及 ぼ し て き た と さ れ て い る。

日本 で は 国内 に 所在 す る 数 あ る 名勝 地 で, 文化 財 保護 法 に よ り 指定 さ れ て い る 「名勝」 は 300 以上 を 数 え, そ の う ち 庭園 は 200 件 ち か く あ り, 名勝 全体 の 過半数 を 占 め て い る. こ れ ら 法令 や条例 に 基 づ い て 名勝 等 に 指定 さ れ て い る 庭園 を 一般 に に 「文化 的 庭園」 と 称 し て い る。[3]

日本 に お い て, 数 多 く 存在 す る 歴 史 的 庭園 を 国民 的 資産 と し て 法律 に 基 づ き 保存 し て い こ う と す る 本 格 的 な 取 り 組 み は 大 正 8 年 (1919 年) 4 月 に 制定 さ れ, 6 月 に 施行 さ れ た 「史蹟 名勝天然 紀念物 保存 法 」に 始 ま る。 そ の 契機 は 明治 44 年 (1911 年) の 帝国 議会 に お い て 貴族 院 で の「 史蹟 及 天然 紀念物 保存 ニ 関 ス ル 建議 案 墳墓 保護 と 所 に お 」保護 と る に お」 保護 と る に お 」保護 と る に お」 保護 と る に お 」保護 と る に お」 保護 と る に お 」保護 と る に お」 保護 と 所 に お 」保護 所 に お」 保護 と に と に にニ 関 ス ル 建議 案 」お よ び「 名勝 地 維持 保存 ニ 関 ス ル 建議 案 」と い う 3 つ の 建議 案 の 可 決 に あ る。

史蹟 名勝 天然 紀念物 保存 法 は 全 6 条 か ら 成 る 法律 で 指定 制度 を 基本 と す る 法 的 · 行政 的 措置 に つ い て 示 し て い る も の の, ど の よ う な も の が 「指定」 に 値 す る の か に つ い て は 法律 の 条文 には 示 さ ず 、 そ の 第 1 条 に お い て 「本法 ヲ 適用 ス ヘ キ 史蹟 名勝 天然 紀念物 ハ 内務 内務 大臣 之 ヲ 指定 ス」 と 規定 し て い る の み み で 、 ど こ 基 が も も の よ な も の よ な も も の よ な も も の よ な も も の よ な も も よ 第 な も も の よ 第 な も も よ 基 な も も よ が な も こ 基 な も も 基 な も も 基 な も な よ な な指定 さ れ る か に つ い て は, 別 に 「史蹟 名勝 天然 紀念物 保存 要目」 を 定 め, 庭園 に つ い て は, そ の 「名勝 之 部 の 要目 (一)」 に お い て, 「著名 ナ ル 公園 及 庭園」 を 指定 す る べ きも の の 例 示 と し て 挙 げ て い る。

こ う し た 歴 史 的 な 庭園 の保全は 、 歴 史 的 な ラ ン ド マ ー ク の 庭園 や デ ザ イ イ ン さ れ た 景 観 (designed landscapes)に 関 連 す る 特殊 な タ イ プ の 史跡 保護 お よ び 保全 ま ま は 修復 で あ る。

概要 [編 集]

庭 の 保全と は, 園 芸 分野 に お け る 文化 財 の レ ク リ エ ー シ ョ ン お よ び 維持 に 必要 な 知 的, 技術 的, 技術 的, お よ び 芸 術 的 な 対 策 を 指 し ま す. 庭 の 記念 碑 の 維持 管理 に も 法律 で 定義 さ れ た 基準 に 基 づ いて 記念 碑 の 財産 の 評 価 が 属 し て い る た め 目的 は 、 多 く の 国 定 記念 記念 物 保護 法 の 後 後 に な け れ ば な り ま せ ん。 庭園 の 特 徴 の文化 的 - 歴 史 的 分類 と 同 様 に 、 閉鎖 さ れ た 時代 に 属 す る。

遺跡 の 保存 、 そ し て 記念 碑 の 保存 に は 多 く の 重複 が あ り ま す。 し か か し 、 庭 の 保存 も 独自 の 手 順 を 使用 し 、 特別 な 形式 で。 通 こ れ 植物 し し 策 こ れ 植物 し し 策 こ れ す し し こ れ 植物 し し 策 こ れ 植物 し し こ れ 植物 し し 策 こ 植物 し す 適用 しし た が っ て 生 き 物 、 建造 物 お よ び 自然 の 多 様 な 構造 構造 に る る も の も で す。

“The historical garden is a building that consists primarily of plants, ie living material, and is therefore ephemeral and renewable. Its appearance is the result of a constant play of forces between seasonal changes, natural development and natural decay on the one hand and the artistic and technical will on the other hand, which aims to lend its condition duration. "

- Article 2 of the Florence Charter

歴 史 [編 集]

所有者 が 施 設 を 改造 し た か 維持 し な か っ た の で, 多 く の 庭 デ ザ イ ナ ー の 仕事 は 部分 的 に ま た は 大部分 失 わ れ ま し た. た と え ば, ラ ッ セ ル · ペ イ ジ の 庭園 の 多 く は 保存 さ れ て い な い か, 保存 が不 十分 で す [4]. 他 の 施 設 は 歴 史 的 建造 物 と し て 記載 さ れ て い る か, あ る い は 多 か れ 少 な か れ 元 の 状態 で 財 団 に よ っ て 保存 さ れ て い ま す (記念 碑 保護 の た め の ド イ ツ 財 団 に よ る 「カ ー ル · フ ェ ル ス タ ー 記念 館」 オ ラ ン ダ の ミ ン· ル イ ス 財 団) .Christopher Lloyd や Great Dixter の よ う に, 他 の ガ ー デ ン デ ザ イ ナ ー は 自 分 た ち の 庭 を 一定 の レ ベ ル で 「凍結」 す る こ と に 反 対 し て い ま し た. ロ イ ド は ナ シ ョ ナ ル ト ラ ス ト の 庭 の デ ザ イ ン を 熱心に 拒絶 し た。

1980 年代 初 頭 以来 、 盛 ん に 歴 史 的 な 庭園 の 保存 と 修復 の 試 み が 行 わ れ て い ま す (例 例 : ヘ リ ガ ン の 失 わ れ た 庭園) ま た は [5] な ど ほ と ん ど 悪 い 源 の 状況 に 加 え, し ば し ば 植物 リ ス ト が な く, そ れ は 一般 的 な 「時間 的 に 典型 的 な」 植栽 に 頼 ら な け れ ば な ら な い た め, 建 物 の よ う にど のと き の 庭 を 再 建 す る か と い う 問題 が 生 じ る。 大部分 は 近代 的 的 な 庭園 の 一部 と し て 、 、 選 択 さ れ た 部分 だ け ま 「歴 史 的 ま っ に に 的 的 形 に に 的 っ に に 的 形 に に 的 形 に に 的 っ に

ユ ネ ス コ [編 集]

21 日 1981 年 5 月 、 ICOMOS - IFLAフ ィ レ ン ツ ェ歴 史 庭園 国際 委員会 は 、 異 文化 間景 観 保全 の確立 に お け る さ ら な る 決定 的 な ス テ ッ プ と し て 、 歴 史 的 庭園 憲章 (フ ィ レ ン ツ ェ 憲章)を 決定 し ま し た。

“Historical gardens are one of the elements of cultural heritage, the continuation of which naturally requires a great deal of constant care by qualified people. Appropriate teaching methods must ensure the training of these specialists, namely historians, architects, landscape architects, gardeners and botanists. "

- (Charter of Florence, Art. 24)

ド イ ツ [編 集]

同 国 で は イ ギ リ ス 風景 式 庭園 の 大 き な 波 が 個 々 の 庭園, あ る い は 少 な く と も 要素 は 生 き 残 っ た が 数 え 切 れ な い ほ ど の 整 形式 な ル ネ サ ン ス と バ ロ ッ ク 庭園 を 破 壊 し ま し た. 例 え ば, 保守 的 な 所有者 が 新 し い 方法 に 加 わ る こ とを 望 ん で い な か っ た り, 経 済 的 な 理由 で 維持 で き な か っ た り, あ る い は 居住 地 を 変 え た 後 に 忘 れ ら れ て い た た め で す. 祖先 の 創造性 や 実 用 性 を 認識 す る こ と が 動機 と な る こ と が あ り ま し た. た と え ば, フ リ ー ド リ ッ ヒ · ル ー ド ヴ ィ ッ ヒ · フ ォ ン · シ ュ ケ ル は, 庭園 か ら 遠 く 離 れ た バ ロ ッ ク 庭園 の 一部 を 美 し い 庭園 に 繰 り 返 し 変 形 さ せ, い く つ か の 道 や そ の 他 の 幾何学 的 構造物 を 残 し ま し た (た と え ば, ミ ュ ン ヘ ン の ニ ンフ ェ ン ブ ル ク 宮殿)。

本質 的 に, ド イ ツ の 庭 の 記念 碑 保存 (そ し て ま た 自然 保護) の 始 ま り は 19 の 終 わ り に 国土 安全 保障 運動 に あ る. 今 世紀, そ の 考 え は 法律 に 影響 を 与 え ま し た. こ の 間 に, さ ま ざ ま な 組織が 設立 さ れ ま し た. 例 え ば ド イ ツ 園 芸 協会, そ し て 記念 碑 の 保護 を す る ド イ ツ 連邦 国土 安全 保障 省 な ど. 1892 年 に は 早 く も, ド イ ツ 庭園 作家協会 は, 古 い 公園 や 庭園 へ の 変 更 は 歴 史 的 な1902に グ ダ ニ ス ク で 歴 史 的 な 庭園 や 記念 碑 で の 遺産 保存 の 日 が 制定 さ れ れ 、 ス タ イ ル 、 、 大 き さ 、 所有者 に 関係 な く 、 同 じ 重要性 が ま ら ら 重要性 が ま ま ら ら 重要性 が ま ま ら ら 重要性 が ま ら ら

第 一次 世界 大 戦 後 の 革命 期 に お け る 収 用 後 の 歴 史 公園 の 保存 は 特 に 重要 で し た. こ の 間, 今日 の 連邦 州 の 州 庭園 行政 は 法 廷 庭園 行政 か ら 生 ま れ, 少 な く と も 州 庭園 は 記念 碑 保存 の た め に. 監督 さ れ ま し た 1920 年代 に 科学 的 な 庭 の モ ニ ュ メ ン ト ケ ア の 創設 者 と し て は ポ ツ ダ ム - サ ン ス ー シ 宮殿 の 庭 の デ ィ レ ク タ ー で あ る ジ ョ ー ジ · ポ テ ン テ で し た.

1928 年, ボ ン の 芸 術 史 専 任 教授 で, か つ て の ラ イ ン ラ ン ド の 州 の 保護者 で あ っ た ポ ー ル · ク レ メ ン は, 保存 と 遺産 の 日 の 歴 史 的 建造 物 の 保存 の 一部 と し て 公園 の 保存 を 明確 に認 め ま し た。

ド イ ツ の 多 く の 庭園 は 第二 次 世界 大 戦 中 に ひ ど く 損傷 を 受 け ま し た. し か し, 戦 争 を 乗 り 切 っ た 東西 ド イ ツ の 多 く の 庭園 は, 戦 後 何 十年 も の 間 に 道路 工事 や 土地 の 流通 な ど に よ っ て 破 壊 さ れま し た。 1963 年 、 ド イ ツ 園 芸 造 園 協会 (DGGL) が ワ ー キ ン グ グ ル ー プ Historical Gardens を 設立 し ま し た。

1975 年 の ヨ ー ロ ッ パ の 記念 碑 保護 の 年 に シ ュ ヴ ェ ツ ィ ン ゲ ン の 決議 が 書 か れ ま し た. 今年 の GDR に は, GDR の 歴 史 的 建造 物 保存 研究所 に 庭 の モ ニ ュ メ ン ト 維持 の た め の 部門 が 設立 さ れま し た. 西 ベ ル リ ン で は 1978 年 に 建設 と 住宅 の 上 院 議員 に 庭 の 記念 碑 の 維持 管理 部門 が 創設 さ れ ま し た. 8 日 に 1992 年 4 月 に, 庭 の 記念 碑 保存 に 関 す る ワ ー キ ン グ グ ル ー プ が ド イ ツ連邦 共和国 の 州 の 環境保護 論 者 協会 内 に ベ ル リ ン で 設立 さ さ れ ま し た。

今日 で は, 庭園 の 記念 碑 の 概念 は, さ ま ざ ま な 方法 で, 連邦 州 の す べ て の 保護 法 に 根 付 い て い ま す. し か し, い く つ か の 連邦 州 で は, 特 に 地方自治 体 レ ベ ル で は, 実 用 的 な 制度化 と 実 施(資金 と 専 門 家 に よ る 資金 の 提供) が 不足 し て い ま す。 ド イ ツ の 庭 庭 の 記念 碑 の 世 話 を し て い る ネ ス タ タ す。 、 デ ィ で ヘ タ ー ー ー

イ ギ リ ス [編 集]

1828 年 に は 早 く も, Whitmore-Jones 家 が コ ッ ツ ウ ォ ル ズ の 1612 年 建造 の チ ャ ス ル ト ン · ハ ウ ス に 庭園 を そ な え, ジ ェ ー ム ズ 1 世 (イ ン グ ラ ン ド 王) の 複合 施 設 を 模倣 し ま し た. こ れ は 徐 々 に 忘 れ ら れ て い き そ の結果, 庭 は オ リ ジ ナ ル と 見 な さ れ ま し た. ナ シ ョ ナ ル ト ラ ス ト に よ る プ ラ ン ト の 買 収 と 詳細 な 記録 保管 の 研究 の 後 に 初 め て そ れ は 初期 投資 で は な い こ と が 認識 さ れ ま し た [6]. ヴ ィ ク ト リ ア & ア ル バ ー ト 博物館 が 公共 の 利益 と し て 1974 年 に 歴 史 的 な 庭園 の 展示会 で 魅 了 し た の が, ロ イ · ス ト ロ ン グ で コ テ ー ジ が 消 え た こ と に つ い て[7]で 、 1979 年 に 庭 の 歴 史 に つ い て の 展 覧 会 (ジ ョ ン ・ ハ リ ス 、 庭 : イ ギ リ ス の ガ ー ー デ ニ ン グ の 1000 年 の 祭典) に ン く い て

1931 年 に ナ シ ョ ナ ル ト ラ ス ト に 買 収 さ れ た エ リ ザ ベ ス 朝 の 家 で あ る Montacute House は 、 こ の Quango に よ っ て 設計 さ れ た 最初 なつ 庭園 き き 最初 なつ 大 き き の 最初 なつ 大 き き た 大 き き 最初 なつ 大 き [8] 1989 年 か ら 歴 史 的 信 頼 は 既 に 110 の 庭園 を 支援 し 、 約 350 庭 師 を 用 い [9] 2001 年 に 450 人 の 庭 師 が い ま し た [10] が 一方 で ま た 庭 師 を 養成 し て い る [11]が 、 多 く の ボ ラ ン テ ィ ア の 助 け を 借 り ず に 維持 を 行 う こ こ と は で き ま せ ん。

例 え ば 、 ウ ル ヴ ァ ー ハ ン プ ト ン の Moseley Old Hall に は 典型 的 な 庭園 が 作 ら れ[12]、 建 物 に 「適時 の 設定」 を 与 え て い ま す。 ニ ュ ー カ ッ ス ル の Bede's World は 、 デ ザ イ ン が 一 新 さ れ た 中 世 の 庭園 を 現代 に ま 介 介 し し に ま 介 介 介

イ ギ リ ス で は 、 1990 年 に 設立 さ れ た 「Old Lawnmower Club」 の よ う な 古 い ガ ー デ ン ツ ー ル の 収集 と 手 入 れ を 専 門 と す る ク ラ り も も も よ り も も も [13]

オ ラ ン ダ [編 集]

Nederlandse Tuinstichting は オ ラ ン ダ の ガ ー デ ン デ ザ イ ナ ー の 作品 を 保管 し, 庭園 の 写真 ア ー カ イ ブ を 維持 し て い ま す. デ ー タ ベ ー ス に は オ ラ ン ダ の 重要 な 庭園 が あ り ま す [14]

職業 [編 集]

従 事 者 は 主 に 造 園 史学, 園 芸, ガ ー デ ン デ ザ イ ン, ラ ン ド ス ケ ー プ デ ザ イ ン お よ び 造 園 · ラ ン ド ス ケ ー プ ア ー キ テ ク チ ュ ア の バ ッ ク ボ ー ン か ら 来 て い る. 歴 史 的 な 庭園 の 管理 計画 を 作成 す る 専 門 家 は 環境 デ ザ イ ン, 園 芸, 景 観 史, 建築 史そ し て 管理 に 関 す る 知識 と ス キ ル を 必要 と し 専 門 教育 プ ロ グ ラ ム が 必要 (以下 の セ ク シ ョ ン を 参照). 歴 史 的 な 庭園 の 修復 は, 歴 史 的 な 庭園 を 以前 の 歴 史 的 な 時点 で の 状況 に 修復 す る と い う 専 門 家の 仕事 で あ る. 旧 い 庭園 は そ の 活用 策 が 流動 的 で あ る の で, 通常 は 保存 修復 時点 で 現在 お よ び 将来 に お い て の 活用 を 考慮 す る 必要 が あ る. 歴 史 的 な 庭園 を 調査 し 保全 の た め の 政策 を準備 す る 仕事 で は 造 園 考古学 、 歴 史 的 知識 、 デ ザ イ ン 判断 、 園 芸 と と 建設 に お け る 技術 的 ス キ ル を 備 え て い る 必要 が あ る。

教育 [編 集]

イ ギ リ ス [編 集]

イ ギ リ ス で は い く つ か の 大学 や 短期 大学 で 歴 史 的 な 庭園 の 保全 に に 関 す る 学部 課程 お よ よ び 大 学院 課程 が 設 け て あ る。

  • 歴 史 研究所 - 庭園 史 研究 に お け る 修士 号 、 ロ ン ド ン 歴 史 研究所
  • グ リ ニ ッ ジ 大学 の 学士 景 観 マ ネ ジ メ ン ト コ ー ス 、 - グ リ ニ ッ ジ 大学
  • 継 続 教育 研究所 - 歴 史 的 環境 (風景 と 庭園) コ ー ス 、 、 継 続 教育 研究所 (ケ ン ブ リ ッ ジ)
  • Writtle College - 修士 課程 、 庭 の 設計 ・ 修復 お よ び 管理 Writtle College
  • MA 、 歴 史 的 に 設計 さ れ た 景 、 Writtle College
  • バ ー ス 大学 、 2014 年 - 15 年度 ま で 、 歴 史 的 な 庭園 と 文化 的 景 観 の 保全 に 関 す す る ス ペ シ ャ リ ス ト MSc / PGDip コ ー ス を 設置

フ ラ ン ス [編 集]

  • 国立 文化遺産 研究所 (Institut national du patrimoine) は 、 «科学 的 、 技術 的 、 自然 遺産» に 特 化 し た 学 芸 員 を 養成

責任 範 囲 [編 集]

記念 碑 的 庭園 の 維持 管理 の 対 象 は, 庭園 だ け で な く, 建造 物 の 要件 を 満 た し, 植物 で 構成 さ れ て い る か, 植物 に 関 連 す る 要素 を 含 ん で い る, 非 建造 物 内 の す べ て の も の (広 場) で す。 後者 の 場合 、 こ れ に は 非 ハ ー ブ 成分 成分 も 含 ま れ ま す。

記念 碑 的 価 値 が あ る だ け で な く 、 よ く 知 ら れ た 封建 封建 的 時代 の 庭園 や 公園 、 、 そ の 後 の 回 で で も 、 公共 と 民間 の 投資 は (戦 民間 期間 見 は (戦 デ の 期間 ロ は は ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ は は ロ ロ は は ロ は は ロ は は は ロ は は は は ロ は は ロ ロ ロ ロ ロ デ は ロ ロ デ は ロ ロ ロ ロ ロ ロ ロ デ は ロ ロ ロ は ロ関係 な く, 庭園 が 持 っ て い た 活用 さ ら に は そ の 後, 以前 に ま た は 現在 で ほ と ん ど ま た は ま っ た く 評判 を 得 て い な い 場合 な ど タ ス ク 領域 は, 歴 史 的 に 重要 な 単 一 の ツ リ ー で 表 す こ と が で き (eg. B. ダ ン ス の 菩提樹 と し て) 、 大通 り 、 バ ロ ッ ク 様 式 ま た は 手 入 れ れ の 行 き 届 い た た 庭園 、 墓地 な ど の 保存 、 文化 的 景 観 の 保存 (z. B. デ ッ サ ウ ・ ヴ ェ ル リ ッ ツ の 庭園 王国) に 向 向 か い ま す。

公 的 保護 [編 集]

イ ギ リ ス [編 集]

法定 で 定 め て い る 保護 が 登録 さ れ た 公園 、 庭園 、 お よ び 設計 さ れ た 景 観 に 対 対 し て 存在。 国内 4 地域 そ れ ぞ れ に 別 々 に 遺産 登録 簿。 あ る る る る

法 的 根 拠 [編 集]

イ ギ リ ス [編 集]

イ ン グ ラ ン ド で は 、 歴 史 的 な 庭園 が あ り 、 英語 遺産 に 従 っ て国家 遺産 法史跡 公園 の レ ジ ス タ に 1983 年 か ら 特別 な 関心 の 庭園[19]カ テ ゴ リ I 、 II *お よ び II に 記録 し 、 CADW の 手 順 は ウ ェ ー ル ズ に 似 て い ま す。 北 北 ア イ ル ラ ン ド ド に は リ ス ト が あ り り ま せ ん。 基準 は び 史 史 基準 は 史 史 史 基準 は す 史 史 基準 は 史 史 史 基準 は 、 史 史 基準 、 史 基準 、 史 史 史 、 史 史 [20]. 現代 の 庭園 で は 保存 は 計画 さ れ て い な い の で, 農家 や 労 働 者 の 家 の 庭園 は 体系 的 に 文書 化 さ れ た り 保存 さ れ た り し ま せ ん. ウ ェ ー ル ズ の St Fagan な ど の 英国 の 野外 博物館 で は, シ ン プ ル な 庭園の 外 観 を 提示 し よ う と し て い ま す. し か し, こ れ ら は 元 の も の で は な く, 転 居 し た 家 で 再 設計 さ れ た 庭園 で す. リ バ プ ー ル に あ る 小 さ な 庭 の あ る テ ラ ス ハ ウ ス, ポ ー ル · マ ッ カ ー ト ニ ー が 幼年期 す ご し た 家 は, 現在 は ナ シ ョ ナ ル ト ラ ス ト が 所有 し て い ま す が, そ の 歴 史 的 な 重要性 か ら, 庭 の あ る 典型 的 な 労 働 者 階級 の 家 を 保存 す る こ と は で き ま せ ん. イ ギ リ ス で は, 庭園 を 守 る た め の 法 的 根 拠 はあ り ま せ ん。 コ ミ ュ ニ テ ィ は 、 土地 を 緑地 ( ゾ ー ニ ン グ ) と し て 識別 で き ま す が 、 そ の 設計 方法 に は 影響 し ま せ ん [21]植物 や 庭園 の 保全 の た め全国 評議 会[22]も 記念 碑 の 保全 に 積極 的 で す が 、 歴 史 的 な 観 賞 用 植物 種 の 保全 に 主 主 に 関係 し て い ま す。 2001 年 、 ナ シ ョ ナ ル ト ラ 69 ス 約 は 200 の 庭園 は 200 の 庭園 69 km 2 を管理 し ま し た [23]

ド イ ツ [編 集]

歴 史 的 建造 物 の ラ ン ド マ ー ク な ど 保護, ケ ア, メ ン テ ナ ン ス の 基本 と 枠 組 み 庭 の 特 徴 の 修復 措置 は, 法定 の 命令, 処分, 許可 お よ び 条件 に つ い て ド イ ツ で は 記念 碑 の 保存 は 基本法 に 従 っ て 州 の 文化 主 権 の 下に あ り ま す. 州 法 は そ れ ぞ れ の 連邦 州 で 異 な っ て 運用 さ れ て い ま す が, そ の 間 に 記念 碑 保護 の 保護 対 象 と し て 園 芸 的 に 設計 さ れ た 植物 な ど も 含 め す べ て の 規則 対 象 で す. こ れ は 部分 的 に は 庭の 芸 術 作品 が 法律 文書 の 中 で 別 の カ テ ゴ リ ー と し て リ ス ト さ れ て い る と い う 事 実 に よ る も の で あ り, 他 の 法律 で は 建 物 と し て プ ロ フ ォ ー マ で も あ る た め 対 象 に 該当 す る こ と に な る.

保護 が 不 十分 な 場合 、 基本 的 に 2 つ の シ ス テ ム が が あ り ま す。

  • 法律 は 、 基本 的 に 、 法律 で 記念 碑 と し て 定義 さ れ て い る 基準 を 満 た た す す べ て て の も の を 保護 し ま す。 そ の 場合 、 記念 碑 は 非 的 的 的 的 非 的 的
  • あ る い は, 記念 碑 と し て 保護 さ れ て い る, 別 々 の 記念 碑 リ ス ト へ リ ス ト さ れ て い る こ と も あ り, こ れ は 所有者 に も 法 的 性 を 与 え ま す. つ ま り 所有者 は 条件 を 遵守 し な け れ ば な ら な い の で す. 作成 と 絶 え 間 な い 更新 が, 多 く の 努力 を 必要 と し ま す. た だ し 庭園 の 分野 で は, こ の シ ス テ ム は 現在 か な り 不足 で あ る. な ぜ な ら, か な り の 検 出 不足 が あ る か ら で あ る.

組織 [編 集]

オ ー ス ト ラ リ ア [編 集]

オ ー ス ト ラ リ ア で は オ ー ス ト ラ リ ア 庭園 歴 史 協会 が イ ギ リ ス ス の 庭園 歴 史 協会 に 似 た 組織 と し て 存在。

イ ギ リ ス [編 集]

イ ン グ ラ ン ド, ウ ェ ー ル ズ, 北 ア イ ル ラ ン ド で ナ シ ョ ナ ル ト ラ ス ト, そ し て ス コ ッ ト ラ ン ド で も 同 様 に ス コ ッ ト ラ ン ド の ナ シ ョ ナ ル ト ラ ス ト が, 多 く の カ ン ト リ ー ハ ウ ス お よ び / ま た は そ れ ら に 付 随 す る 庭園 お よ び 公園 地, な ら び に 他 の 重要 庭園, 公園 お よ び 景 観 を 所有 し ま た は国 を 代表 し て 管理 す る。

庭園 歴 史 協会 は そ の よ う な 組織 で は 1966 年 に 結成 さ れ た 、 世界 で 最 も 古 い 組織 で 2015 年 に The Gardens Trust [24]と な り, Association of Gardens Trusts と 合併 し た. そ の 目的 は 庭園 の 歴 史 を 研究 し, 歴 史 的 な 庭園 を 保護 す る こ と で あ る. 1995 年 以来, イ ギ リ ス の 登録 さ れ た 公園, 庭園, 景 観 に 影響 を 与 え る 提案に 関 す る 法定 顧問 と 化 し 約 1,500 人 の 会員 を 擁 し 、 年 に 2 回ガ ー デ ン ヒ ス ト リ ージ ャ ー ナ ル を 発 行 し て い る ほ か, 定期 会員 の 会 報 も 発 行 し て い る. こ の 組織 に は, ス コ ッ ト ラ ン ド で の 活動 的 な グ ル ー プ も あ り, 独自 の 定期 的 な ニ ュ ー ス レ タ ー 発 行 と 保護 担当 官 を 設 け て い る.

ウ ェ ー ル ズ の 歴 史 的 庭園 信託 会 は ウ ェ ー ル ズ で の 庭園, 公園 そ し て 景色 の た め に 特 に 特 化 し た 組織 で イ ン グ ラ ン ド 国内 で の ほ と ん ど の 郡 部 で 信 頼 を 得 て お り, ガ ー デ ン ト ラ ス ト 協会 に よ っ て 代表 さ れ る 存在.

ロ ン ド ン に は 園 芸 博物館 が あ り, 園 芸 の 歴 史 の あ ら ゆ る 面 を カ バ ー し て い る. 古 道具 や 計画 な ど の 歴 史 的 な 品 物 に つ い て, 大規模 で 増 え 続 け る コ レ ク シ ョ ン が あ る.

ア メ リ カ [編 集]

ア メ リ カ で は The Garden Conservancy が 国内 の 著名 な 庭園 や デ ザ イ イ ン さ れ た 風景 の の 保存 を 積極 的 に 支援 し て い る。

特 に カ リ フ ォ ル ニ ア の イ ベ ン ト や 教育 の た め の カ リ フ ォ ル ル ニ ア ガ ー デ ン ア ン ド ラ ン ド ス ケ ー プ る ス ィ リ も あ ソ サ サ

バ ー ジ ニ ア 州 の ガ ー デ ン ク ラ ブ は 1913 年 頃 の 創業 以来, バ ー ジ ニ ア 州 で 最 も 有名 な 歴 史 的 庭園 な ど 多 く を 修復. 修復 の た め の 資金 を 集 め る た め に イ ベ ン ト, 歴 史 的 な ガ ー デ ン ウ ィ ー ク が 開 催 さ れ る.

修復 の 例 [編 集]

イ ギ リ ス [編 集]

イ ギ リ ス で の 庭 の 保存 修復 に つ い て, 最近 及 び 継 続 的 な 例 と し て は, ラ ウ ザ ー 城 (カ ン ブ リ ア) レ バ ー パ ー ク (ラ ン カ シ ャ ー), Biddulph グ ラ ン ジ (ス タ ッ フ ォ ー ド シ ャ ー) Croome 裁判 所 と Witley 裁判 所 (ウ ス タ ー シ ャ ー) [25] レ ス ト パ ー ク (ベ ッ ド フ ォ ー ド シ ャ ー) 、 ロ ス ト ・ ガ ー デ ン ズ ・ オ ブ ・ ヘ リ ガ ン (コ ー ン ウ ォ ー ル) な ど。

管理 と 実 施 [編 集]

イ ギ リ ス [編 集]

園 芸 品 は 、 ナ シ ョ ナ ル ト ラ ス ト 、 カ ン ト リ ー ス チ ュ ワ ー ー ド シ ッ プ ス キ ー ー ム 、 そ し て 特定 の プ プ ロ ェ ク ト (じ 宝 宝 宝 基金 ト じ は 宝 宝 宝 (じ は 宝 宝 く じ 委員会賞) に よ っ て 提供 さ れ ま す。

ド イ ツ [編 集]

記念 碑 の 公式 保存

専 門 機関 と 行政 機関 は 区別 さ れ ま す。 庭園 の記念 碑 の保存 を 担当 す る 部署 は 、 科学 的 お よ び 技術 的 専 門 知識 の 保存 を 担当 す る 専 専 門 家 で あ り 、 、 行政 お よ び 法 的 履行 を 担当 技術 る 記念 碑 保護 ツ 家 専 専 保護 ツ に に 専 イ 保護 ツ に 専 専 ド 保護 ツ 家 専 専 ド ド ド ド ド イ ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ド ドで は 、 de: State Monument Offices に よ る 職 権 に よ る 庭園 記念 碑 の 維持 管理 の 任務 ま た は は 関 連 当局 の サ ブ ブ セ ク シ ョ ン が 、 一部 こ の 権 限 は 施 設 の継 続 的 な メ ン テ ナ ン ス を引 き 継 ぎ ま す。 こ れ に は 、 往 時 に 近 い 状態 を 回復 す る た め め の 長期 計画 が 含 ま れ れ ま す。 私 的 所有 物 の 場合 は 基本法 が 適用 さ れま す. し か し, こ の 原則 は 経 済 的 合理 性 に そ の 限界 を 見 出 し て い ま す. 私有 庭 所有者 は 公 的 助 成 金 に よ っ て 支 え ら れ て い ま す. そ れ に も か か わ ら ず, 保全 が 所有者 に と っ て 経 済 的 に 支持 で き な い 場合,し ば し ば 記念 碑 の 破 壊 に な り ま す。 ま た 、 公共 部門 は 利用 可能 な 資金 資金 が ま す ま す 少 な く な っ て い ま す。

移調 赤字

庭 の 保全 は, 記念 碑 の 保全 の 独立 し た 分野 と し て 数 十年 間 し か 確立 さ れ て い ま せ ん. 庭園 の 記念 碑 の 維持 管理 の 大 き な 問題 (だ け で は あ り ま せ ん) は, 今日 で も 依然 と し て か な り の 実 施 上 の 欠 陥で す. 法律 が 実 際 に 実 施 さ れ て い な い 場合, 法律 は 役 に 立 ち ま せ ん. 多 く の 場合, リ ス ト さ れ て い る す べ て の 園 芸 施 設 で さ え, 記録 さ れ 保護 さ れ て い る わ け で は あ り ま せ ん. 原因 は た く さ ん あ り ま す が, 特 に次 に あ る 事 実 に よ る も の で す. い わ ゆ る 「下 位 の 歴 史 的 建造 物 当局」 ら は 通常 は 郡 で あ る が, 庭 の 保存 に つ い て 訓練 を 受 け た 専 門 ス タ ッ フ が ま だ 少 な す ぎ ま す. そ し て 専 門 の ス タ ッ フ が い る 場合で も 、 そ の 分野 は 「公共 部門」 の 財政 状況 の た め に 資金 不足 で す。 第二 第二 に 、 地域 的 的 に も 地域 的 に も 重要 な い く でつ か の 庭園 の 存在 れ と し 史 、 、 存在 と 公 し 史 、 、 と と と 史 、 、 と と し 史 、 、 と と 公 史 、 、 存在 と と 公 史 、 、 と 史 の 、 と と 公 史 、 、 と し 史 、 と と し 史 、 、 と 史 史 、 と と し 史 、 と 史 史 と 史 史 そ遺産 の 価 値 に 対 す る 認識 (そ し て そ れ ゆ え に 政策 に 対 す る 監視 圧 力) は, そ れ ほ ど 顕 著 で は な い. 第三 に, 強 い 反 経 済 的 利益 が し ば し ば 存在 す る. 未 開 発 の 緑地 は, さ ま ざ ま な 建設 プ ロ ジ ェ ク ト に よ っ て し ば し ば 危 険 に さ らさ れ て い ま す. そ の 場合, 地方自治 体 が 一方 で は 税収 構造 施 策 の 計画 権 限 お よ び 承認 権 限 で あ り, 他方 で は 記念 碑 保護 権 限 で あ る 場合, そ れ は し ば し ば 庭園 遺産 保護 の 対 象 と な り ま す. バ ー デ ン = ヴ ュ ル テ ン ベ ル ク 州 で は,行政 改革 以降, 独立 し た 技術 的 権 限 は な く な り ま し た が, こ れ は 高等 記念 物 保護 当局 ま た は 野 党 理事会 と の 行政区 レ ベ ル で ま と め ら れ て い ま す. こ の よ う に, 主 に 保存 さ れ て い る 専 門 家 契約 は, 保存 の 法則 を 保存 す る と い う タ ス ク と 融合 し, し た が っ て 利益 相反 を 可能 に し ま す. 庭 の 保全 は 費用 が か か る だ け で な く, 仕事 を い く つ か 生 み 出 し, お 金 を も た ら す こ と も 見過 ご さ れ が ち で す. 職 人,思 い や り の あ る 庭 師, 観 光 産業 な ど で の さ ら に, 庭 の 特 徴 は 一般 の 人 々 に と っ て の レ ク リ エ ー シ ョ ン ス ペ ー ス の 機能 を 持 ち, 会 社 や 居住者 の 定住 の た め の 生活 の 質 の ま す ま す 重要 な 「ソ フ ト」 の 一つ で す。

財 団 と 協会

こ れ ら の 実 施 上 の 欠 陥 の 結果 と し て, 私有 財 団 は ま た, 公 的 所有 ま た は 私有 の 園 芸 用地 の い ず れ か を 探 し て い る 庭 の 記念 碑 保存 の 分野 で 過去 数年間 ド イ ツ の い く つ か の 連邦 州 で 確立さ れ ま し た。

ド イ ツ に お け る 庭園 遺産 の 授業 料 の た め の 超 地方 地方 の 基礎 の 例 :
  • ド イ ツ の 記念 物 保護 財 団 (全国)。 記念 碑 保護 の た め の ド イ ツ 財 団 団 に よ っ て 調整 さ れ れ た 年次 遺産 記念 日 は 、 、 月 10 日 に。 催 な れ ま ま 10 2006 催 し れ ま 10の 下 で"芝 生 、 バ ラ と 割 引歴 史 的 な 庭園 と 公園 " な ど ド イ ツ の 記念 物 保護 財 団 は 、 全国 的 ​​な 共同 財 団 で あ る 歴 史 的 庭園 の よ う な 、 、 庭園 遺産 保護 に 捧 げ ら れ て て い つ か の て し 基金 を を か の し を を を か の 基金 を を を の し 基金 を を の し 基金 を を の し を を し 基金 を
  • 財 団 プ ロ イ セ ン 宮殿 と 庭園 ベ ル リ ン - ブ ラ ン デ ン ブ ル ク 、 Garden Directorate
  • 財 団 歴 史 墓地 と ベ ル リ ン の 墓地 Brandenburg
  • Weimar Classic Foundation 、 ガ ー デ ン ヘ リ テ ー ジ 学科
  • 財 団 デ ッ サ ウ ヴ ェ ル リ ッ ツ
  • 財 団 Fürst-Pückler-Park バ ー ト ム ス カ ウ
  • 財 団 Fürst-Pückler-Museum Park と Castle Branitz
  • 財 団 テ ュ ー リ ン ゲ ン の 城 と 庭園
  • ニ ー ダ ー ザ ク セ ン 州 に あ る 歴 史 的 建造 物 庭園
  • 財 団 歴 史 ハ ン ギ ン グ ガ ー デ ン - 特別 な 種類 の 記念 碑! www.haengegarten.de
  • VGH 財 団 、 ハ ノ ー バ ー (ニ ー ダ ー ザ ク セ ン 州 と と ブ レ ー メ ン で 活動 中)

さ ら に, 地方, 地域, そ し て 全国 的 ​​に 活動 し て い る 非 営 利 団 体 が あ り, そ れ ら は 特 に こ の 責任 分野 に 従 事 し て い ま す. 庭園 遺産 の 保全 に 焦点 を 当 て て い る, ド イ ツ で 活動 す る ク ラ ブ の 中に は 、 例 え ば 以下 が 含 ま れ ま す。

  • ド イ ツ の 庭園 芸 術 と 景 観 文化 協会 (DGGL) 、 ワ ー キ ン グ グ ル ー プ 歴 史 的 庭園[26]
  • ニ ー ダ ー ザ ク セ ン 州 歴 史 公園 保存 協会 e. V.
  • Garden Dreams - ザ ク セ ン ア ン ハ ル ト 州 の 歴 史 的 公園 V. (こ の モ デ ル プ ロ ロ ジ ェ ク ト は は 、 庭園 遺産 の 保全 と 観 光 マ ー ケ テ ィ ン 目 効果 ン の モ 相乗 目 効果 効果 ン の 相乗 目 効果 ン 相乗 効果 効果 効果 相乗 相乗 効果 効果 ン 相乗 目 効果 ン 相乗 効果 効果 ン の 相乗 目 効果 目 相乗 目 目 目 目 目 的

手 順 と 対 策 [編 集]

パ ー ク メ ン テ ナ ン ス [編 集]

庭園 記念 碑 な ど の 修復 計画 で 重要 な の は い わ ゆ る メ ン テ ナ ン ス 手法 の 作成 で す。

"A park maintenance work is an instrument for analysis, for documentation, for listed maintenance, for the preservation and restoration of historical gardens."

- Meyer, 2000, p. 56, in: DGGL Working Group on Historical Gardens; Historic parks and gardens - Park maintenance in accordance with monument regulations

こ の 計画 過程 で は 、 以下 の こ と が わ か り ま す。

  • 対 象 物 に 関 す る 利用 可能 な す べ て の 予 備 情報 を 収集 し 、 評 価 し ま し た。
  • す べ て の 将来 計画 は 詳細 な 技術 的 概念 で 提示 さ れ て い ま す。

資料 収集 保管 [編 集]

庭園 の 特 徴 の 目録, そ し て 時間 と い っ た イ ン ベ ン ト リ ー や, 記念 碑 リ ス ト, ま た は デ ー タ ベ ー ス は 庭園 遺産 の 基礎 で す. こ の よ う に し て 初 め て, 文化 的 記念 物 を 定義 す る こ と が で き る の は, そ れ ら が 連邦 国家 の 記念碑 保護 法 の 一般 的 に ​​有効 な 規定 に よ っ て ま だ 定義 さ れ て い な い か ら で す. 残念 な こ と に, 庭園 芸 術 作品 は モ ニ ュ メ ン ト の 保存 に お い て 長 い 間 無視 さ れ て き ま し た. 非常 に 多 岐 に わ た る 庭園 芸 術 の 潜在 的 に記念 碑 的 な 目的 が あ り ま す. し た が っ て, 今日 で も 多 く の 国 で イ ン ベ ン ト リ の 漏 れ が あ り ま す. ド イ ツ 全 域 の 体系 的 な 目録 の 最初 の ア プ ロ ー チ は, そ の プ ロ ジ ェ ク ト "ド イ ツ 連邦 共和国 の 歴 史 的 な 庭園 と 公園 の 捕獲"(1985 年 に 出版 さ れ た 最初 の 版) で ド イ ツ の Heimatbund に よ っ て 提示 さ れ た。 以来 、 さ ま ざ ま な 連邦 連邦 州 で さ ら に 調査 プ ロ ジ ェ い わ が が ジ ェ い ト ト が ジ ェ い ト が が ェ い ト ト ェ ト ト

歴 史 研究 [編 集]

  • ア ー カ イ ブ の 原 資料 を 探 る : ア ー カ イ ブ の 中 の 歴 史 的 な 庭園 の 計画 、 見解 、 説明 な ど
  • 現在 の 手 当 を す る
  • 必要 に 応 じ て 、 写真 測量 (修正) 航空 写真 、 偽 色 写真 、 ス テ テ レ 画像 画像 を 作成 し ま す。
  • 元 の 在 庫 を 調査 す る 目的 に 関 す る 調査。 B. 樹 齢 の 決定 に よ る 、 生 垣 垣 お よ び 樹木 の の 仕 上 げ ま た は 歴 史 的 な 伐 採 面 の 認識
  • 歴 史 的 変 容 を 探 る た め の オ ブ ジ ェ ク ト 分析 ​​(以前 以前 の ス タ イ ル の 段 階)
  • 美術 史学 的 方法 (デ ー ト 、 機能 質問 、 情報 源 調査 ...)
  • Reality ま た は 投資 フ ェ ー ズ の 期間 を 制 限 す る た め の 材料 履 歴 (建 物 物 内 、 方法 : 材料 材料 タ イ プ 、 フ ォ ー マ ッ ト ...)
  • 再 構成 を 可能 に す る た め の 構造 - 歴 史 的 側面 の 調査 (機能 認識 の た め の の 他 の シ ス テ ム と の 比較)
  • 科学 的 分析 (土 壌 層 お よ び 病原体 の 化学 的 お よ び 物理 的 組成, 植物 上 の 病 気 の 検 出, 植物 検 疫 記録, 種 の 同 定 の た め の 遺 伝 分析, 年 齢 の 決定 の た め の 年輪 年代 学 (例: C14 法) 、 熱 ル ミ ネ ッ セ ン ス 法 、…)
  • 必要 な ら ば 、 考古学 的 調査 (種子 の 残留 物 の 検 索 、 花粉 花粉 分析 、 地球 物理学 的 探査 [27]

対 策 [編 集]

庭 の 特 徴 を 成 す レ ク リ エ ー シ ョ ン と 維持 に 必要 な 対 策 は 非常 に 多 様 で す. 一般 的 な 記念 碑 保存 対 策 は, 記事 記念 碑 的 分野 で 扱 わ れ て お り, 原則 と し て 庭園 遺産 の 管理 に も 適用 さ れ ま す.し か し な が ら, 庭園 の 植物 材料 は, 庭園 の 記念 碑 の 手 入 れ に お け る 個 々 の 措置 の 関 連 性 が 記念 碑 の 保存 に お い て 部分 的 に 異 な る と い う 事 実 を も た ら し ま た, 測定 値 間 の 境界 は 流動 的 で あ り, 個 々 のケ ー ス に よ っ て 異 な り ま す。

ヨ ア ヒ ム · カ ル バ ロ に よ る ヴ ィ ラ ン ド リ ー 城 庭園 は, も と も と は ル ネ サ ン ス 庭園 で あ る が, 19 世紀 か ら の 変 化 し た 状態 に 向 け て の 「修復」 を 理想化 し た も の ​​で す. 世紀 後 の 変 化 の 破 壊 を 伴 う, し た が っ て 基本的 に も 新 た な 創造 で あ る。
  • 互換性 の あ る 方法 で 機能 と 使用 を 制 御 す る: 庭 の 多 く の 機能 は, レ ジ ャ ー 活動 に 集中 的 に 使用 さ れ ま す 文化 的 お よ び ス ポ ー ツ 的 な イ ベ ン ト 庭 の 保存 は こ れ ら を 管理 し, 必要 に 応 じ て.そ れ ら を 制 限 し て 、 乱 用 や 被害 を 防 ぎ ま す。
  • 老化 : 全 く ま た は ご く わ ず か な 介入 (い わ ゆ る 「制 御 崩 壊」 ま ま た は 「尊 厳 の の 中 で の 死」) が 時 々 古 い 木 に ま す さ れ れ
  • メ ン テ ナ ン ス : 通常 の プ ロ に よ る 編 集 な ど の 通常 の 手 入 れ 作業 作業 、 お そ ら く 歴 歴 史 的 な 方法 に 従 っ た 、 水 塊 を き れ。 に 保 保 保 に に 保
  • 保存 : 現在 の 状態 を 「凍結」 し て 、 老化 を 止 め ま す。 こ れ は 生 き き て い る 植物 で は 不可能 で す。
  • 修理 、 修理 : 記念 碑 の 使用 済 み お よ び 損傷 し た 部分 の 更新。 単 一 の ヘ ッ ッ ジ ま た は ア ベ ニ ュ ー に よ る 再 植栽
  • 改修 、 修復 : 修理 を 超 え た 広 範 な 改修。
  • 再 構成: 書 か れ た 絵 画 的 な 情報 源, お よ び 入手 可能 で あ れ ば 園 芸 調査 の 結果 に 基 づ い て, 原材料 の な い 庭園 の 一部 ま た は 庭園 全体 の 見 た 目 が 失 わ れ た 状態 の 復 元 再 構成 さ れ た.対 象 物 は 新 し い 創作 物 と 見 な さ れ 、 最初 は 記念 碑 の 保護 を 主張 す る も の で で は あ り ま せ ん が 、 時間 の 経 過 と と も 高 ま ま る が 価 価 記念 ま る が 価 価 記念 ま が の 価 価 記念 ま る の 価 価 記念 ま る の 価 価 の 価 新 し い 創造 物の 例 は Eichstätt の "Hortus Eystettensis" の 後 継 者 と し て の EichstätterBastionsgarten で す。 再 建 の論争 の 的 に な る 例 は 1984 年 に 彼 の 今後 の 300 周年 記念 の 機会 機会 に 1970 年 か ら ヘ ッ ト ロ ー の 庭園 の 復 元 で す。
  • Anastilosis (構造物 に だ け 適用 さ れ る) : 崩 壊 し た 庭 の 建 物 を 元 元 の 材料 で 再 組 み 立 て す る。
  • 転 置: 元 の 場所 か ら 別 の 場所 へ の 庭 の 地物 ま た は そ の 一部 の 移動 総 損失 が 発 生 す る 前 に, こ れ が 2 番 目 に 悪 い 解決 方法 で す 原則 と し て, こ れ は 噴水, パ ビ リ オ ン な ど の 構造..部品 に 適用 さ れ ま す. 建 物 と は 対 照 的 に, 植物 は と に か く 絶 え ず 変 化 し て お り, し ば し ば 再 植栽 す る こ と が で き ま す. 記念 碑 の 特性 の 維持 の た め に, そ れ は 元 の 植物 の 受領 に 関 す る 特別な 場合 に の み あ り ま す. 当然 の こ と な が ら, 完全 な 庭園 を 転 置 す る こ と は ほ と ん ど 不可能 で す が, い ず れ に せ よ, 庭園 で は し ば し ば 非常 に 重要 で あ る 周 囲 と の 視 覚 的 関係 (point de vue) が 失わ れ ま す。 考 え ら れ る の は 、 木 や 大通 り を 移植 す す る 大 き な 木 な ど で す。

交差 分野 連 携 [編 集]

モ ニ ュ メ ン ト の 保存 と Ground monument maintenance (考古学 的 モ ニ ュ メ ン ト の 保護) 、 、 お よ び 自然 保護 と 重複 す る 可能性 が あ り ま す。

建築 と ア ー ト の 保存 [編 集]

庭園 や 墓地 な ど の 建 物 や 比 喩 的 な 装飾 に は 、 建築 や 美術 保存 の 参加 が 必要 で す。

庭園 考古学 [編 集]

ポ ン ペ イ 、 1900 年 頃 の ヴ ェ ッ テ ィ 家 の モ デ ル ル ペ リ ス タ イ ル ガ ー デ ン

庭園 考古学 は 、 先 史 時代 か ら 初期 の 歴 史 的 な 時代 に か け て の 庭園 の 研究 研究 の た め 開 発 さ れ ま し た。 [28]有機 材料 に 関 す る 研究 の 特定 の 要件 を 補 完 お よ び 適合 さ せ た も の. 特 に 花粉 分析, 樹 年表, 放射性 炭素 法 が こ こ で は 使用 さ れ て い ま す. 歴 史 的 な 庭園 の 中 の 元 の 道 と そ れ ら の 層 構造ま た は 井 戸 の 水 供給, 温室, パ ビ リ オ ン, 木 な ど の 位置 は 発 掘 に よ っ て 決定 す る こ と が で き ま す. こ れ ら に は 航空 写真 の 測定 鉄 及 び 電磁 気 及 び 地 中 レ ー ダ ー と い っ た 考古学 的 探査 の 非 破 壊 的 方法 は,一般 調査 で こ ぼ れ た 庭 の 構造 の 発 見 と 地 図 作成 に 役 立 つ か も し れ ま せ ん。

庭園 の 考古学 的 手法 を 用 い た 庭園 の 例 :

自然 と 環境保護 [編 集]

庭園 の 保全 に は 必然 的 に 自然 保護 と の 接点 も 必要 で す が, こ れ と は 目的 が 異 な り ま す. た と え ば, 歴 史 的 公園 は 天然 記念 物 で も 文化 記念 碑 で も あ り 得 ま す .2 つ の 用語 が 混同 さ れる こ と が あ り, こ う し た 混乱 も 公式 の 指定 に よ る も の か ら で す (例: ド イ ツ の 自然 公園 や 自然 の 記念 碑 な ど) 天然 記念 物 の 保護 は ド イ ツ の 法律 の 下 で 自然 保護 の 仕事 で あ り, 時 に は.衝突 が 起 こ る 可能性 が あ り ま す (例: 歴 史 的 建造 物 の 復 元 は, 保存 価 値 の あ る 植物 資源 の 撤去 を 必要 と す る か も し れ な い 道 は 自然 の 記念 碑 と し て の under protection の た め に 破 壊 提供 さ れ ま せ.ん で し た. し か し, す で に 自然 保護 の 地位 が あ る た め, 歴 史 的 財産 の 技術 的 正当 な 保護 を 控 え る こ と は 適 切 で は な く, ま た 許 さ れ ま せ ん). 長年 に わ た り, ド イ ツ は, 自然 保護 用語 「国立 公園」お よ び「 自然 公園 」お よ び「 国際 的 に 重要 な 文化 的 景 観 」の た め に ICOMOS に よ っ て 与 え ら れ た 指定 に 基 づ い て, 大規模 な 文化 的 景 観 に 新 し い カ テ ゴ リ ー の 保全 権 を 導入 す べ き か ど う か を 議論し て い ま す。

関 連 項目 [編 集]

脚注 [編 集]

  1. ^“フ ィ レ ン ツ ェ 歴 史 的 庭園 憲章 (PDF)”.日本 イ コ モ ス 国内 委員会. 2019 年 4 月 11 日 閲 覧。
  2. ^“1982 歴 史 的 庭園 保護 憲章 (フ ィ レ ン ツ ェ 憲章 (PDF)”. 2019 年 9 月 23 日 閲 覧。
  3. ^東京 都 に お け る 文化 財 庭園 の 保存 活用 計画 (共通 編) (PDF) - 東京 都 建設 局
  4. ^Marina Schinz, Gabrielle van Zuylen: The Gardens of Russell Page.
  5. ^For England s.
  6. ^Katie Fretwell, Case Study 2, Chastleton House.
  7. ^Roy Strong, Marcus Binney, John Harris, The Destruction of the Country House.
  8. ^John Sales, Learning by experience.
  9. ^Celia Haddon, Book of designer Gardens.
  10. ^Katie Frewell, putting on the show.
  11. ^Mike Calnan, Rooted in history - growing forever?
  12. ^Mike Calnan, Why conserve?
  13. ^http://www.oldlawnmowerclub.co.uk/mowinfo/mowhist.htm
  14. ^http://library.wur.nl/WebQuery/tuin
  15. ^"Historic Parks and Gardens". English Heritage. 2011 年 11 月 18 日 閲 覧。
  16. ^"Historic Parks and Gardens". Cadw. 2012 年 3 月 9 日 時点 の オ リ ジ ナ ル よ り ア ー カ イ ブ。 2011 年 11 月 18 日 閲 覧。
  17. ^Gardens and Designed Landscapes. Historic Scotland. 2011 年 11 月 18 日 閲 覧。
  18. ^"Historic Parks, Gardens and Demesnes". NEVER. 2011 年 12 月 13 日 時点 の オ リ ジ ナ ル よ り ア ー カ イ ブ。 2011 年 11 月 18 日 閲 覧。
  19. ^Register of Historic Parks and Gardens of Special Interest in England, http://www.english-heritage.org.uk/professional/protection/process/national-heritage-list-for-england/
  20. ^Mike Calnan, Rooted in history - growing forever?
  21. ^Mike Calnan, Rooted in history - growing forever?
  22. ^http://www.nccpg.com/
  23. ^Mike Calnan, Rooted in history - growing forever?
  24. ^ガ ー デ ン ズ ト ラ ス ト
  25. ^BBC ニ ュ ー ス ク ロ ー ム パ ー ク ラ ン ド が ナ シ ョ ナ ル ト ラ ス ト ト に よ り 修復 (2014 年 10 月 4 日)
  26. ^Archived 2004 年 11 月 6 日, at the Wayback Machine.
  27. ^Norbert Buthmann: Geophysical prospection and garden archeology - one concept.
  28. ^Christopher Richard John Currie, Garden archeology.
  29. ^Wilhelmina Mary Feemster Jashemski, The Gardens of Pompeii: Herculaneum and the Villas destroyed by Vesuvius.

出典 [編 集]

参考 文献 [編 集]

  • Clemens Bornhauser (Red.): Historic Gardens & Landscapes, Conservation & Development.Conference report. vdf, Zurich 2006. ISBN 3-7281-3019-2.
  • Ellen Brandenburger: On the history and theory of garden monument preservation.Comparative analyzes on examples in Bamberg, Brühl and Großsedlitz = Writings from the Faculty of Humanities and Cultural Studies at the Otto Friedrich University of Bamberg 6. University of Bamberg Press, Bamberg 2011. ISBN 978-3-86309-033-3 (At the same time: Dissertation at the University of Bamberg (with Achim Hubel) online in 2009).
  • Sylvia Butenschön (Ed.): Garden History Research Colloquium 2008.Compilation of the conference contributions = Gray row of the Institute for Urban and Regional Planning 17. Universitätsverlag der TU, Berlin 2008, ISBN 978-3-7983-2100-7, doi: 10.14279 / depositonce-2056.
  • Erik A. de Jong, Erika Schmidt, Brigitt Sigel (Eds.): The garden - a place of change.Perspectives for the preservation of monuments = Publications by the Institute for the Preservation of Monuments at the Swiss Federal Institute of Technology in Zurich 26. vdf - Hochschil-Verlag at the ETH, Zurich 2006. ISBN 3-7281-3033-8.
  • German Society for Garden Art and Landscape Management (DGGL) (Ed.): Working group for historical gardens of the German Society for Garden Art and Landscape Management e. 'V. (= Text series by the German Society for Garden Art and Landscape Management Booklet 4, ZDB-ID 1396880-4). DGGL, Berlin 1990.
  • Dieter Hennebo (Ed.): Garden monument maintenance.Basics of the preservation of historical gardens and green spaces. Ulmer, Stuttgart 1985. ISBN 3-8001-5046-8
  • Frank Peter Hesse: Stadtpark, Volkspark and much more: The preservation of monuments in the public green. In: Die Gartenkunst 27 (1/2015), pp. 59–76.
  • Detlef Karg: On the rise and fall of gardens - a contribution to the relationship between garden monument preservation and monument preservation. In: The preservation of monuments. Vol. 54, No. 1, 1996, pp. 15-23.
  • Nikolaus Kraft: The historical garden as a cultural monument.Legal issues relating to the protection of cultural property in selected European legal systems = Series of publications by the Ludwig Boltzmann Institute for European Law 9. Manzsche publishing and university bookstore, Vienna 2002. ISBN 3-214-11279-1
  • Petra Martin, Karen Schmitt (Red.): Still "... start a new Heidelberg debate"?Reconstruction and preservation of garden monuments. Documentation of the symposium in Heidelberg on April 17th, 2008, jointly organized by the Garden Monument Preservation Working Group of the Association of State Monument Preservators in the Federal Republic of Germany and the Institute for European Art History at the Ruprecht-Karls-Universität Heidelberg = Reports on research and practice in the preservation of monuments in Germany 15. Michael Imhof, Petersberg 2008, ISBN 978-3-86568-450-9.
  • Ursel Amrei Mosbauer: Conservation, restoration and reconstruction of historical gardens and squares.Garden monument preservation problems converting theory into practice. Munich 2003. (Dissertation at the Technical University of Munich 2004 online).
  • Michael Rohde, Rainer Schomann (Eds.): Historic gardens today.On the 80th birthday of Professor Dr. Dieter Hennebo. 2nd Edition. Edition Leipzig, Leipzig 2004, ISBN 3-361-00567-1
  • Erika Schmidt: Specific problems of the preservation of garden monuments. In: Die Gartenkunst 5 (2/1993), pp. 283–292.
  • Birgitt Sigel: "Everything received becomes a testimony that speaks".The garden monument measured with the yard's yardstick. In: Die Gartenkunst 5 (2/1993), pp. 273–282.
  • Dieter Wieland: Historical parks and gardens = Series of publications by the German National Committee for Monument Protection 45. Bonn 1993. ISBN 3-922153-00-3
  • Clemens Alexander Wimmer: The creative in the preservation of monuments. In: Die Gartenkunst 19 (2/2007), pp. 363–373.
  • ガ ー デ ニ ン グ 、 Ff。
  • 市 + グ リ ー ン (旧ガ ー デ ン オ フ ィ ス ) 、 Ff

外部 リ ン ク [編 集]